会社設立に役立つ助成金は?

仙台で会社設立する際に助成金は返済の必要のない便利な資金となるので、チャンスがあれば目指すべき存在です。
しかし、助成金は申請のタイミングが重要で、受けられることを知らないでタイミングを逃してしまうケースも少なくないのです。
そして、その為に助成金に合わせた社内の体制作りなどができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
知らなかったではもったいないので、助成金を上手に活用するためにも、どのようなものがあるのかを最低限知っておくと良いです。

地域再生事業を実施する会社設立をして、創業後1年以内に雇用保険の適用事業所の事業主となった時に受けられるのが地域再生中小企業創業助成金です。
助成金額は1000万円までで、宮城県で人気ナンバーワンの創業助成金と言われています。
雇用保険の受給資格者が自ら創業して、創業後1 年以内に雇用保険の適用事業所の事業主となった時に受けられるのが受給資格者創業支援助成金で、助成金額は200万円までです。

新分野進出などで雇用管理の改善のために、労働者の雇入れする賃金の一部が助成されるのが中小企業基盤人材確保助成金で、助成金額は140〜700万円までとなっています。
高齢者や障害者などを公共職業安定所の紹介で、継続して雇用する労働者として雇い入れた時に賃金の一部が助成されるのが特定就職困難者雇用開発助成金です。
その他にも、試行雇用奨励金・若年者等正規雇用化特別奨励金・高年齢者等共同就業機会創出助成金といったものもあります。

これらの内容をみても分かるように、会社設立手続きを行う中で申請する必要がある助成金や、人を雇用する前に届出が必要な助成金など様々です。
先にも触れましたが、タイミングを逃してしまったために本当はもらえるはずだった助成金がもらえないといこともあります。
このようなことを回避するためにも、しっかりと専門家に相談することが大切ですし、助成金が受けられるのか診断をしてもらうと良いです。
仙台での会社設立に役立つ助成金ですから、無駄にしないよう心がけることが大事です。