仙台で会社設立に必要となる費用は?

仙台での会社設立に興味を持ち様々なことを調べている方も少なくないですが、どの程度の費用が必要になるのかは気になる点です。
一般的に会社設立で多いのが株式会社の設立で、それに必要となる費用は大きく分けて、資本金・法定費用・その他の費用の3つです。

まず資本金は、昔は最低1000万円以上必要だったのですが、新会社法により現在では1円でも会社設立が可能です。
また現物出資を利用することによって現金を0円にすることもできるのですが、現実的にはある程度の現金を資本金として用意しておく必要はあります。
基本的に上限はないのですが資本金を1000万円未満にすると、消費税の免税業者になるなど様々な特典を受けられるので、まずは1000万円以下の資本金で設立すると良いです。

次に法定費用ですが、これは会社を設立する際の登記に必要となる登録免許税や手数料などです。
定款にかかる費用としては、定款認証手数料が50,000円、印紙代が40,000円、定款の謄本保存料が300円、謄本を請求は1部約1,000円で2部は必要になるので約2,000円となります。
ただ、ここで注意したいのは電子定款と紙の定款があって、電子定款にすると印紙代が不要になるため40,000円費用を安くすることができます。
登記にかかる費用としては、登録免許税が150,000円必要で、これらを合計すると電子定款なら200,300円〜202,000円、紙の定款なら242,000円の必要が必要になるのです。

その他の費用としては、会社の実印を含めた各種印鑑の作成費用や、細かいものでは印鑑証明書代などがあります。
仙台での会社設立を考えているのなら、最低でもこの程度の費用が必要になることを理解しておくと役立ちます。

ただ、株式会社ではなくて合同会社を設立する場合には定款認証の必要がないので、登録免許税の60,000円あれば設立することができるのです。
しかし、あくまでも仙台での会社設立にかかる最低限の費用ですから、実際には余裕のある資金計画を考えておく必要はあります。