どの種類で会社設立を仙台でしたら良いのか?

仙台での会社設立に興味を持つ方の中には、どのような会社の種類で設立したら良いのか迷ってしまうこともあります。
一口に会社設立するといっても会社には、合名会社・合資会社・合同会社・株式会社という4種類があって、どの種類でも会社設立することは可能です。
ただ合名会社と合資会社は、出資した額を超えて大きな責任を負う可能性があるので、一般的に設立されることが稀です。
その為、実質的に仙台での会社設立を考える場合には、合同会社にするか株式会社にするかという選択になると言えます。

株式会社とは、投資家が出資して経営を出資者で選んだ人に任せる会社で、出資者は出資した金額の範囲内で責任を負う有限責任となります。
一方の合同会社は、出資した投資家だけで構成する会社で、基本的に投資家たちで会社経営する会社です。
責任に関しては株式会社と同様に有限責任となります。

では、実際に株式会社と合同会社を比べてみると、どのような違いがあるのでしょうか?
合同会社は、先に触れたように投資家たちで会社経営するため、比較的経営内容を自由に定めることができることから、起業家にとっては魅力的と言えます。
ただ、その一方で社会的知名度がまだ低いことから、取引相手によっては敬遠される可能性も考えられますし、外部から融資を受けにくい面があります。
これに対して株式会社は、やはり歴史が長く社会的信用力があることから、取引先の信用や資金調達に関してメリットが大きい構造と言えます。
ただ、合同会社と違って経営の自由は少なく、会社法の一定のルールに従い経営する必要があります。

これらの違いがあることから、社会的信用力・資金調達力を重視して仙台で会社設立を考えなら株式会社を、経営の自由を重視して仙台で会社作りをするのなら合同会社と言えます。
ただし、株式会社を設立しても合同会社へ移行できますし、合同会社を設立しても株式会社へ移行することも可能なので、その点を理解しておくと役立ちます。