会社設立で必要な定款認証とは?

 

会社設立する時には、定款の認証を行う必要があるのですが、これは一体どういう手続きなのでしょうか?
今回は定款の意味と、盛り込むべき重要な項目について、解説していきたいと思います。

定款というのは、会社のルールを定めたものであり、その中には会社の所在地や、株式の公開非公開、発行可能株式数、株価、業務に関するルールなどが、事細かく明記されてあるものです。
この定款は、雛形がありますので、ネット上でダウンロードして、必要な箇所だけ書き換えて使うことができます。

ただし、非常に重要な部分もありますので、その部分については、専門家に監修を任せた方がいいでしょう。
例えば、発行可能株式数は一度定款に定めてしまうと、定款を変更するまで発行可能株式数を超える株式を発行することができなくなります。
定款は、いつでも自由に変更できるわけではないので、ここできちんと決めておかないと後々大変なことになります。

さてそんな定款ですが、作り方は紙か電子のどちらかになります。
紙で製作する場合は、公証人役場での手続きになり、収入印紙代が4万円かかってしまいます。
出来れば費用を抑える意味でも、電子定款を利用した方がいいでしょう。
電子定款の場合は、収入印紙代無料で、定款の認証を行ってもらうことができます。

この電子定款には、簡単に作れる電子定款作成サービスがありますので、そちらを利用してみてください。
そちらを利用すれば、必要最低限の情報の入力だけで、きちんとした定款を作ることができます。
非常に便利ですので十分に活用するようにしましょう。

ちなみに定款に記載しないといけない発行株式数は、どのようにして決めればいいのかと言うと、資本金を上限として、一株いくらにするかということを計算して考えていきます。
例えば、500万円の資本金を預けた場合、一株を10万円にすると50株発行することになります。
一株を100万円にすると5株の発行になります。
株式を公開して譲渡制限を設けないのであれば、発行株式数を発行可能株式数の1/4以上にしなくてはなりません。
未公開会社にして、株式譲渡制限を受ける場合には、このような制限はありません。
この辺りは複雑な部分ですので、株式発行に関するルールを色々と調べてみてください。

ちなみに企業規模が小さい場合は、まだ非公開会社として登記をしておき、株式に譲渡制限を設けておいた方がいいです。
そうすることで、会社の乗っ取りを防ぐことができますので、定款には必ずそのように記載するようにしましょう。
あと、増資をする時には、株式発行可能数まで株券を発行して、資本金を増やすことができます。
資金調達をしやすいこの仕組みが株式会社のメリットではあるのですが、一人株式会社の場合は、このようなメリットを享受することが難しいです。
そのため、最初のうちは株式会社ではなく合同会社にした方が、いろいろと手続きに関するコストを少なく済ますことが出来ます。

こうした会社設立に関することは、専門家に聞けば親切にアドバイスをしてくれます。
お金がかかりますが手続き業者を雇った方が、時間の節約につながりますので検討してみると良いでしょう。

 

会社設立サポート情報!国の支援はあるの?

 

会社設立をすると、国から補助金などの支援はあるのでしょうか?
今回は、公的な補助金制度や融資制度について、お話したいと思います。
起業するにあたって国は、色々な支援制度や融資制度を用意しています。
このような制度は利用しなければもったいないですので、ぜひしっかりと情報収集をして制度を上手く活用してみてください。

まず、国からの補助金や助成金についての説明ですが、探すとこのような制度はたくさんあります。
ちいさな創業未来補助金やトライアル雇用奨励金などは、体力の少ない開業初期の段階ではかなり助かる補助金になりますので、ぜひとも申請しておいた方がいい制度だといえるでしょう。
特に売上の少ない初期段階では人件費が売上を大きく圧迫してしまいます。
トライアル雇用奨励金を活用すれば、 社員に支払うべき給料の一部を補助金で賄うことができますのでかなり助かります。

他にもキャリアアップ助成金や雇用調整助成金、キャリア形成促進助成金など様々な補助金及び助成金制度が設けられています。
この中で雇用調整助成金は、景気の悪化に伴い売上が一定以上落ち込んだ時に申し込める制度ですので、覚えておくと会社にとって命綱になることがあります。

ここまでの説明は、返済義務のない補助金や助成金の説明になりますが、ここからは返済をする必要のある融資制度の説明です。
国からの融資は日本政策金融公庫が取りまとめて行なっています。
日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金という制度を利用すれば無担保、保証人不要、低金利で資本金を融資してもらえます。

銀行の審査とは違って担保が不要ということですので、基本的には事業計画書の提出で審査をしてもらうことができます。
これから事業を拡大をしようと考えている人や、開業前に資本金を集めたいと考えている人はこういう制度を利用するといいでしょう。

間違っても高金利のビジネスローンなどは、組まない方がいいです。
ちなみにこの日本政策金融公庫の制度は、新規事業開業者が対象となっていて、事業開始後は税務申告2期未満であれば、融資対象者として認められます。
役所に行けば、この制度に関する説明書類が置いてあるかと思われますので、融資を受けたい人は窓口に出向き説明を受けてみると良いでしょう。

このように国が用意している支援や融資制度は、意外にたくさんあります。
しっかり調べて上手に制度を活用すれば、事業のスタートダッシュをうまく踏切れますので、 まずは制度の情報収集に努めてみるといいでしょう。

どの種類で会社設立を仙台でしたら良いのか?

仙台での会社設立に興味を持つ方の中には、どのような会社の種類で設立したら良いのか迷ってしまうこともあります。
一口に会社設立するといっても会社には、合名会社・合資会社・合同会社・株式会社という4種類があって、どの種類でも会社設立することは可能です。
ただ合名会社と合資会社は、出資した額を超えて大きな責任を負う可能性があるので、一般的に設立されることが稀です。
その為、実質的に仙台での会社設立を考える場合には、合同会社にするか株式会社にするかという選択になると言えます。
続きを読む どの種類で会社設立を仙台でしたら良いのか?

代行サービスの利用がお得?

仙台での会社設立に興味を持つ方もいるでしょうが、会社設立する際に全てを自分でやる方法と代行サービスを利用する方法の2つがあります。
どちらの方法を選択したら良いのかは、それぞれのメリット・デメリットを知った上で選択するのもひとつの方法です。
また、仙台で会社設立する際にどちらが得なのかも考えなくてはならないポイントです。
続きを読む 代行サービスの利用がお得?

仙台で会社設立に必要となる費用は?

仙台での会社設立に興味を持ち様々なことを調べている方も少なくないですが、どの程度の費用が必要になるのかは気になる点です。
一般的に会社設立で多いのが株式会社の設立で、それに必要となる費用は大きく分けて、資本金・法定費用・その他の費用の3つです。
続きを読む 仙台で会社設立に必要となる費用は?

会社設立に役立つ助成金は?

仙台で会社設立する際に助成金は返済の必要のない便利な資金となるので、チャンスがあれば目指すべき存在です。
しかし、助成金は申請のタイミングが重要で、受けられることを知らないでタイミングを逃してしまうケースも少なくないのです。
そして、その為に助成金に合わせた社内の体制作りなどができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
知らなかったではもったいないので、助成金を上手に活用するためにも、どのようなものがあるのかを最低限知っておくと良いです。
続きを読む 会社設立に役立つ助成金は?

仙台で利用できる補助金は?

仙台で会社設立を考える上で、返済の必要のない便利な資金となる補助金について知っておくことは大切です。
会社設立するのに役立つ仙台で利用できる補助金にはどのようなものがあるのか、どの程度の金額が支給されるのか、またどのような手続きが必要になるのかなど調べておくと良いです。
続きを読む 仙台で利用できる補助金は?

サポートを利用するのが一番

個人事業と違って会社設立には多くのメリットがあるので、仙台での会社設立に興味を持ちいろいろと検討を始める人もいます。
しかし登記の手続きや税金の面など、いろいろと調べたり考えたりすると、疑問に感じることや心配になることも多く、本当に仙台で会社設立ができるのかと思ってしまいます。
また、会社設立にはメリットがある反面で注意する点も多いので、なおさら不安に感じてしまう方も少なくないです。
続きを読む サポートを利用するのが一番

起業セミナーへの参加を

会社設立のメリットってある?の疑問が解決して仙台での会社設立に興味を持ち始めた方の中には、実際どうすれば良いのか分からないという人も少なくないものです。
そのような時には、仙台で開催されている様々な起業セミナーに参加してみることを検討することをおすすめします。

起業セミナーに参加することで、様々な疑問や不安が解消することがありますし、いろいろな人脈を作ることもできます。
そこで、どのような種類のセミナーがあるのか、またセミナーの選び方はどうすれば良いのかを知っておくと参考になります。
続きを読む 起業セミナーへの参加を

会社設立するために必要な手続きは?

仙台での会社設立に興味を持つ方もいるでしょうが、どうすれば会社設立できるのかと悩む方も少なくないです。
仙台で会社設立するために必要な手続きは、簡単に言ってしまうと公証役場での定款の認証手続きと法務局での登記申請手続きの2つをすれば良いのです。
ちなみに、この2つの手続きを例えるなら、赤ちゃんが誕生したら病院で出生証明書を受け取る、役所に出生届を出すといった手続きと言えます。
続きを読む 会社設立するために必要な手続きは?